アテネ・エジプト旅行記と旅行情報が満載!

アテネへの道 > アテネへの道 > アテネへの道は続くよ〜♪どーこまでも〜

アテネへの道

アテネへの道は続くよ〜♪どーこまでも〜

朝、イスタンブールのホテルをでて乗り継ぎに励んだみーちゃん、その後は・・・

【ホテルからイスタンブール空港へ】

朝、モーニングコールが鳴っています。
早速準備してロビーに行き、タクシーを呼んでもらいました。

朝食は頼んでなかったので、そのままタクシーに乗り込もうとすると、「Take it for your breakfast!」となんとフランスパンまるごと一本袋もなく渡されました。

結構豪快だなあ。

しかも、今さっきタクシーの運転手が持ってきたものをつかさず渡すのです。
聞いてみるとこのホテルで今日朝食に使うものでした。

ホテルの人とタクシーの運転手の関係は?後でバックマージンもらってんじゃないでしょうねえ。

・・・・余計なことを思いながら、ホテルを後にしました。

昨日とはまるで違う町のような静けさが印象的だった。

無事空港に着いて、タクシーでお金を払おうとするとみーちゃんはトルコリラの支払いに悪戦苦闘しています。

10万リラとか100万リラとか。。。
一生懸命0が6個、7個とか数える始末。
デノミして〜〜〜!!!(でもその後されました♪)

【イスタンブール空港からエレフテリオス・ヴェニゼロス(アテネ)空港へ】

朝8時のフライト。みーちゃんは乗る前にフランスパンを食べています。
どうやらこのパンも空港でのX線調査済。

乗るとあっという間にアテネの空港に着きました。
そこで、新しくて広いすてきな空港です。

空港で1万5千円で約100ユーロ両替しました。

しかし、ユーロにするとお札の数が減ります。
100ユーロでお札が3枚のみ。これだけ?ちょっと寂しい感じがします。


【エレフテリオス・ヴェニゼロス(アテネ)空港からホテルへ】

今回泊まるホテルはアテネ市内にある『オモニア広場』という所です。
アテネは送迎を頼まなかったので、自分たちでバスで行くことにしました。
アテネでは地下鉄とバスが24時間乗り放題で2.9ユーロのチケットがあるので、空港のバスチケット売り場で購入しました。
バスは95番と書いてある『シンタグマ』行きバスに乗り(数字以外はギリシャ語ですが、かろうじて数字で判断)そこから地下鉄に乗り換えです。

DSC0052412.jpg

バスに乗るとき、チケットを機械に通します。これに日付と時刻が打刻されます。
最初乗車する際にのみ指定の機械に通します。
それ以降はフリーパスです。検札もありません。

(ときどきチェックする人がいてもしチケットがなければ罰金となりますのでご注意を)

また、24時間なのでOneDayチケットとは異なり、最初に乗車した時刻から日付を超えて24時間有効ということを付け加えておきます。

PICT000412.jpgPICT000512.jpg


バスは約1時間でシンタグマに着きました。
バスに乗っている途中、空港まで地下鉄工事をしていました。

2004年のオリンピックのために作っていることは一目瞭然ですが、あまりに中途半端で本当にオリンピックまでに間に合うかどうか心配になりました。後何ヶ月しかないのに。

『シンタグマ』のバス停を降りると、目の前に地下鉄のマークの入口が見えます。
東京メトロに良く似ているのですぐわかります。(うーん、地元ネタ)
降りようとエスカレーターに近づくと上りのみです。
しかたがないので、階段を重い旅行バックを持って降りました。まあ、送迎を頼まない自分たちが悪い。

ホームに降りる前からきれいな駅だなと思っていましたが、アテネの地下鉄は本当にきれいです。
出来たばかりなので当然かもしれないけど。

路線図を見たらまだラインが3本しかなく、簡単です。
駅の表示も明確で、迷うことなくホームまで降りていきました。

DSC003782.jpg

地下鉄の時刻は決まってないようで特に目立つような時刻表は見られません。
数分待つと電車がやってきました。
詳細は不明ですが、5分〜10分間隔で運行しているようです。
来た電車はオリンピックカラーの車体でした。
(いきなりだったので、全ての車両がそうだと始めは思っていたのですが、たまたま運が良く遭遇したみたいです。)
DSC0037511.jpg

『シンタグマ』駅→『パネピスティミオ』駅→『オモニア』駅と2つ目ですぐに到着。
なんとかホテルを見つけるとやっとひと安心しました。

チェックインすると、時刻は午後12時となっていました。

【ホテルから市内観光へ】

まずはパルテノン神殿。
ライン2で、『ダフニ』駅行きに乗り、3つ目の『アクロポリ』駅で降ります。
後でわかったのですが、オモニア駅からライン1で次の『モナスティラキ』駅の方が近く、多くの観光客が入る入り口があります。私たちは反対側からアクセスしてしまったのです。

DSC004411.jpg

さて、駅を降りるとすぐに『アクロポリス』の丘、その丘の上にパルテノン神殿が見えてきます。
間近で見ると迫力があります。

PICT004211.jpg
PICT004612.jpg

見学を終え、出口をでて駅を探そうとするとどちらが駅がわかりません。
結局迷ってしまい、ライン1の『モナスティラキ』駅が見えてきました。


地下鉄に乗り込むと地下鉄の路線図にオリンピックのスタジアムのマークがついている駅を発見!次の目的地といきなりプラン変更してしまいました。

【未完成のオリンピックスタジアムへ】
ライン1の『モナスティラキ』駅から12駅目のライン1の『イリニ』駅へ向かいます。
電車を下車後、歩くこと20分。
なんとかスタジアム入り口らしきあたりまできました。

PICT012012.jpg
PICT012311.jpg

【タベルナでの夕食から就寝】
休憩後、夕飯を食べる為に出かけることにしました。
ガイドブックを見て目星をつけたお店が『ヘルミオン』というお店。
シンタグマ駅から徒歩7分、1人20ユーロ程度くらいの予算で食べることができるとガイドブックに書いてありました。
2人ともタベルナの相場がわからなかったのでこんなもんかなと思っていましたが、後でこの店は高いことに気づきます。
なんでこの店に決めたかというと、他の店の多くは夜7時から、夜8時から、などとシエスタの影響で閉まっていることが多かったからです。

このお店はシエスタには関係なく、午前11時から翌日午前12時30分まで営業となっていたので決めました。

席に着いてみーちゃんは早速目を大きくしてメニューを眺めていました。
注文した物は、.坤凜薀▲織薀皀汽薀伸スピナッチ・パイぅ爛汽です。

DSC004331.jpg
DSC0043512.jpg

どれも全ておいしい!ギリシャ料理は日本人の口に合います。
二人が食事を終える頃午後9時、ギリシャの夕食のピークになり、店内が混雑してきました。
でも、西洋人の姿ばっかり、、、、

食事を終えて、また地下鉄でオモニアのホテルに戻ってきました。