アテネ・エジプト旅行記と旅行情報が満載!

アテネへの道 > 日本滞在記 > 遠い国からの来客

日本滞在記

遠い国からの来客

それは成田が始まりだった。

2004年6月6日、今日から梅雨入りという日本に、遠いそして暑いアフリカ大陸から遠い距離を超えて成田空港に到着しました。

そう、我々がエジプトでお世話になった日本語ツアーガイドの来日です。

到着ロビーはひっそりとしていて人影もまばらでした。
これならば簡単に見つけられると鷹をくくっていると、いきなり我々に「久しぶり!」と声をかけてくるではないですか。
「・・・あ!!」・・・
サングラスをかけたガイドさんの姿に全く気づかず不意打ちでのスタートとなってしまいました。


この来日に備えてふたりはいろいろ準備をしていました。

灰皿、携帯灰皿(相当のヘビースモーカーなのです)、日本の地図、日本の紹介本、またプリペイドの携帯電話・・・、そしてみーちゃんが、アラビア語で書いた「ようこそ 日本へ!」という紙でした。

DSC015021.jpg

着いたときに「ようこそ!」と言うと「いやー、日本は遠いです。」と一言。
そうですよね。我々も遠かった。。。
早速彼にお土産を渡すと、ガイドさんはあまり感動がなく、「ありがとう」との一言。
なんだ、もう少し喜んでくれたっていいじゃん。

DSC015661.jpg

しばらくして疲れているか聞いたところ大丈夫と答えたため、せっかくなのでドライブをすることになり、成田から観光スポットであるアクアライン『海ほたる』に向かいました。
みーちゃんはガイドさんに「元気ですか?」と聞くと「元気!」といいつつ、「でもたばこ吸いたい」と言っています。
喫煙意欲は来日観光意欲より勝るのね、なんて思いつつ、ガイドさんはそのお土産を開け、早速たばこをぷかぷか吸っていました。
「海外は初めてですか?」と聞くと、「リビアに行ったことがあります」と自信を持って返答されました。
あの〜、リビアって隣の国じゃありませんか。。。。
遠い国に来たのは初めてなんですね。

【海ほたる】
海ほたるに到着するまで、彼は珍しい風景を窓越しにジーッと見ていました。

DSC015111.jpg

まず車が右ハンドルが珍しいらしく、走っている他の車もきょろきょろと見ています。
ナンバープレートが気になり、「上の文字と2行目のあの「あ」とかのひらがなはなんですか?」と質問してきました。

あれは「日本のナンバープレートは『あ』とか『か』とか、ひらがなで区別するんですよ」と伝えると「日本はナンバープレートが綺麗ですね」と感心していました。

確かにエジプトのナンバープレートって埃かぶってますね。

しばらくして、海ほたるへ到着しました。
日曜日という事もあって、あたりはとても混雑していました。
彼はエジプトではツアーガイドですが自分が今度は観光客のため、どこにいっても「写真とってもいいですか?」と聞いて次の瞬間にはシャッターを押しています。
ただ、普通のカメラです。
私たちも写真をばんばん撮ってあげて、すっかりツアーガイド化しています。

その後海底トンネルを通り、川崎へ。
羽田の方を抜け、お台場を通過すると「夢の島」が見えてきました。
「あれは何ですか?」と聞いてくるので「ゴミ処理場です」と答えると「あれは日本のオベリスクですね。」と言いました。

確かに入口に一本の柱があります!

さすがエジプトからお越しいただいた方!!
日本滞在2時間にして日本の中のオベリスクを発見しています。

その後フジテレビを通過。
日本人はスフィンクスの前にあるケンタッキーにいつも興味を示すことから、フジテレビという名前をよく知っていたので「ああ、あれがフジテレビですね。」興味深げに写真を撮っていました。

彼はそわそわしているため「どうしたんですか?」と聞くと彼はどうやらエジプトに電話したいと言っています。
みーくんとみーちゃんはコンビニに駆け込みKDDIのプリペイドカードを買いました。
3000円のカードを買ってダイヤルするとエジプトにはたった13分しか話せないというアナウンスが聞こえてきました。
エジプトへの電話ってとってもとっても高いんですね。。。。
ようやくエジプトにつながり、ガイドさんが話している横からみーちゃんはアラビア語の会話を聞いていました。
会話の内容は、「元気?今日本に着いたよ!今日本は3時だけどそっちは何時?」と典型的な外国にいったときの会話をしています。

みーちゃんは思わず吹き出してしまいました。
世界中どこでも外国旅行に行ったときの会話は変わらないんですね。
3分程で電話は終了し、その場を後にしました。

帰路につき、途中スーパーマーケットに寄りました。
日本で初めて見るスーパーマーケットにガイドさんはとてもわくわくしています。
まずは野菜コーナーに立ち寄りました。
大根を見て「うわー、これはエジプトにはありません」と言って興奮し写真をとっています。

・・・我々は大根の写真とる人を初めてみました。

その後お肉コーナーへ行きました。
生まれて初めて見る豚肉をガイドさんはじーっと眺めています。
彼が豚肉を宗教的理由から食べれないことを知っているため、あえてコメントをさけました。

そうすると、ガイドさんから「豚肉って脂が多いんですね・・・・」との言ってきました。
そっか、いままで豚肉を見たことがないんだ!とある意味感心。

その後ビーフコロッケを買い、自宅へと戻りました。

【初めての日本ホームステイ】
これから3日間は彼は私たちの家にホームステイをする予定となっています。
まずは家の中にある日本の電化製品を見せると、すべてが綺麗だと腰を抜かしていました。

また電波時計を見せ、説明すると「???」という顔をしています。
もう一度説明すると「あー、エジプトには電波時計というものがないので全くわかりませんでした。すごいです。日本ホントにすごい!すべてがすごい」と興奮しまくっています。

その後、エジプトからのお土産を開け始めました。
35kgもあるという大きなスーツケースからごそごそとアクセサリー、パピルス、トランプ、ピラミッドの模型など次から次へととんでもない量を出してきます。

パピルスだけでもざっと見て20枚はありそうです。
さらにはそれを入れる袋まで出してきます。
みーちゃんはハイビスカスティー1kg等数えられない位のお土産をもらいました。
うーんすごい。

このお土産をすべて持ってきたこと自体すごいと思いました。

エジプト土産を満喫し終わったところ、みーちゃんは夕飯を作り出しました。
ケーキも作って歓迎パーティーの準備万端です。

しかし、徐々にガイドさんは目がとろんとしてきました。
そしてふたりに一言、「ごめんなさい。僕は2日間寝ていません。少し寝させてください。」

・・・どうやら時差と寝不足がたたり相当疲れ気味だったようです。
ごめんなさい。
気づかずに連れ回して。。。。
せっかく用意した夕飯にたどり着く前にガイドさんは寝てしまいました。


こうしてガイドさん来日パーティーは決行されることなく、作成者のみーちゃんの胃袋に入って終わってしまいました。